本番前

木曜から連日、午前パート、昼はレッスン、夜は伴奏。

で、家ぐちゃぐちゃ。

子どもは実家。


明日本番。8人?もっとか?もうわからん。歌の伴奏。
で、まだ楽譜が手元にないヤツがあり。


22時。もうすぐ帰宅。
2時間さらおう(めっちゃ弱音で!)。
大丈夫。

昨日生徒に言った我が名言。
「無理、て思たらホンマに無理になってしまうねん!コワイやろぉ〜」(笑)

24時間後には全てが終わってるはず…



追記:::::

ただいま1時。

このブログは一体なんなのか、グチ?
ダイイングメッセージ?

とりあえず日々を書き留めて、あとで効率よく生きるための指標に。なるのか?

まぁいいや。
2時間弾けた…すばらしい!
さぁ洗濯。


明日は集中できますように…。
[PR]
# by harusho71 | 2010-11-06 22:14 | 音楽-la musique

ようつべ

便利な時代…youtubeに感謝感謝、無かったらヤバいっす。

練習すべき曲はすぐyoutubeチェック。対訳はGoogle、楽譜はコピー。
気になる音源はAmazonでポチッとな。

昔はCDもコピー機も、録音機も無かったんだよなぁ…。

****
音楽の至宝。
こんなのに触れられるのって幸せ…

■シューマン Wehmut 憂愁


 幾たびとぼくは歌う
 楽しんでいるかのように
 でもそれは密かな涙を染み込ませ
 ぼくの心を自由にする

 ナイチンゲールは歌う
 外で春の空気が吹くと。
 憧れの歌を歌う
 囚われの籠の中から。

 全ての心がそれに耳を傾け
 全ての人々が喜ぶ。
 でも誰も感じない。
 歌に隠された深い苦悩を。 


■ヴェルディ 椿姫 ヴィオレッタのアリア『estrano』
 

高級娼婦ヴィオレッタ。夜毎の饗宴と恋愛の日々だったヴィオレッタ。アルフレードに本気の愛を告白され、プロの夜の女もグダグダに…

■続き ヴィオレッタのアリア『sempre libera』
「どうかしてる!空しい夢想よ。楽しむのよ!死ぬまで快楽の花から花へ飛び回るの」
時折挟まれるアルフレードの呼びかけの余韻がなんとも切ない。




そういったプライベートな感動の先に、音楽には人を動かすチカラがあります。

これも人間の力。感動の余韻の傍ら、戦争がなぜ起こるのだろう?とちらりと思います。

[PR]
# by harusho71 | 2010-10-30 22:30 | 音楽-la musique

演奏会シーズン

10〜12月は演奏会シーズン。
練習も充分できないのでできるだけ引き受けないようにはしていますが、よほどご縁のある方々の伴奏で他に代わりが無い場合はありがたくやらせていただきます。

聴きに行きたいコンサートになかなか行けないのも悩める日々。
あと4、5年の辛抱…

****
演奏会のご紹介です。
末永く活動している団体ばかりですのでまたご縁があればお見知りおきを♪


■11月7日(日)スコラカントールム大阪 第7回演奏会 
@箕面市立メイプルホール小ホール:入場無料

お世話になってる大阪ゲヴァントハウス合唱団の団員さんはほぼみなさんアマチュア、平均年齢50才?合唱歴2、30年の強者ばかり。
その団員がソリストとしての研鑽を積むために、レッスン会を重ね、その発表会。

このメンバー達の音楽への情熱はいつも学ばされます。
アマチュアの愛好家精神を忘れたくないな、と思います。

しかし、アマチュア。
前日に楽譜を送ってきたり、当日曲の差し替えや移調を言ってきたり…
最初はかなり(怒)、(泣)が続きましたが、今は大分鍛えられました。



■11月14日(日)ラ ミュズィク マルシェせんり2010
@千里ライフサイエンスビル ロビーコンサート:入場無料

前述大阪ゲヴァントハウス合唱団が先日定期演奏会を終えたのですが、その時スカウトされてロビーコンサート出演。
なかなか根付かないパブリックの演奏活動。豊中市が後援だそうです。どんなもんか楽しみです。


■12月4日(土) 京都フランス歌曲協会『ワルツの響宴』
@京都市文化博物館 別館ホール

学生時代からお世話になっている、私の癒しの勉強協会。
博覧強記の企画委員による企画がいつも興味深いです。
今回はお気軽、ド派手なワルツ特集。


□12月9日(木)河野まり子 チェンバロリサイタル

これは大好きな私の恩師のコンサート。
とても美しい…というより茶目っ気たっぷりで、センスがあり、百戦錬磨の先生の久々のソロリサイタル。といってもアンサンブルも出演だそうで、エンタ精神溢れるプログラム。
行きたいなぁ…でしょ、magototakuさん、takakoさん!
[PR]
# by harusho71 | 2010-10-30 21:26 | 音楽-la musique

フラッシュバック

youtubeサーフィン…思い立って検索。岡村ちゃん。


これを聴いていた高校生時代。
そんなに楽しくない、ピアノ漬けの毎日でした。
驚くのはこれらの曲の細部、一音、リフレクション、パーカッション…全ての音を覚えていること。

しかし岡村ちゃん。
天才と思います。

このちょっと前がBARBEEBOYS。中学生時代は一世風靡セピアとレベッカ。
狭く、深く聴いていました。

秋の夜長、youtubeで昭和ロック、patipatiサーフィン…

あかん、また寝坊してしまう。寝ます。
[PR]
# by harusho71 | 2010-10-27 21:45 | 音楽-la musique

書籍 学研 音楽まんがシリーズ/伝記 世界の大作曲家 15人の偉人伝(CD付)マンガで読むから楽しくわかる!

価格:1,680円
(2013/2/28 17:16時点)
感想(0件)





マンガは日本文化として素晴らしい功績と評価を得てますが、この「学研まんが偉人伝シリーズ」もどれほど日本の子どもたちの知識欲の火をつけていることか!

写真はなんと音楽家15人分の伝記。しかも名曲CD付き~♪
ページ端、欄外の『まめちしき』も懐かしい。

私もかなり固い頭に新しい知識をいただけました。




借金だらけの山師ワーグナーは「ちょっと美化しすぎちゃう?」
単に今有名だからと、あまりに清廉に描くのは好きでないですが、それでも子どもたちに名前や興味を持ってもらうには最高な入門書になると思います!
d0157070_17493711.jpg



ハイドンは難しい研究本より、こういうマンガがぴったりだわ。
d0157070_17493757.jpg


学校で習ったのは「バルトークはコダーイの影響を受け、民謡調査を行った」だけでしたが、その深いつながりがこの何コマかで鮮烈に印象に残ります。
d0157070_17493719.jpg



しかし、佳人薄命。そして音楽家は金がない!てのがとことん立証されます…

モーツァルト 享年35才貧乏。
シューベルト 享年31才、貧乏。
ショパン 享年39才、長い闘病。
フォスター 享年37才。金持の家に生まれ、ヒット曲もガンガン飛ばしたのに、時代とビジネスに疎く貧乏。
滝廉太郎 名曲を数々残し、明治維新の音楽界を担い留学するが、2ヶ月で病気で帰国、享年24才。


…才能ないけど、偉人達の遺産に触れられる身分で幸せです。
[PR]
# by harusho71 | 2010-09-04 17:49 | 音楽-la musique