「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

母と子のつれづれ

●●●食生活

低炭水化物食生活を始めて10日くらい…炭水化物が空腹を膨らますことを体感中。野菜を大量に食べても空腹が紛れなかったりする。でもちょこっと御飯を食べると胃もたれを感じるくらい重いから、やっぱり食べない。

とりあえず今まで朝ご飯をガッツリ食べてたのは必要ない、カラダが欲していないというのが分かりました。

腹八分目…ちょっと空腹になると脳が「飢餓状態だ!サーチュイン遺伝子ON!」命令を発します。サーチュイン遺伝子とはずばり「若返り遺伝子」。でも2ヶ月続けてやっとONになり、またカロリー過多になるとOFFになるそうです。一生腹八分目……

……無理ちゃう?


●●●ショウの好きなTV

デザインあ(素晴らしい!私もだいすき!HPもステキなので検索してみてください)
つくってあそぼ(昔の「できるかな」的な工作番組)
料理番組全般
iCarly(昔の「エマニュエル坊や」的な全然面白くない!海外コメディ)
いないいないばぁ(未だに好き…ものすごく幸せそうな顔して見てます)



●●●スマホ
d0157070_14355948.jpg

d0157070_14355945.jpg

d0157070_14355978.jpg

「ママの電話はスマホじゃない」

「ママ、スマホにする?」

「スマホはこうやってこうやって(指でスライドジェスチャー)使うねんな」


…何かとスマホスマホとうるさいショウ。

こども雑誌『たのしい幼稚園』付録のスマホ型カードケースを一生懸命シールでデコって、「ショウちゃんのスマホF8EE.gif」と幸せそう。デコ技術は電車で見たそうですわ。
[PR]
by harusho71 | 2012-03-28 14:35 | 生活-la vie diverse | Comments(8)

春の夜長

土曜〜3夜、ショウは実家へお泊り中。
私の用事で一時預けのつもりが「春休みやし…(保育所はいつもどおり預けられるけど自由出席)」ってことで。毎週一回実家泊まってるけど、ショウもじじばばも「もっと遊びたい…」という要望を急遽満たすことに。

病気や仕事で預けることは多いけど、それほど火急の用事はないのに預けるのはあまりない。ここぞとばかりにワインとチーズをコンビニでゲット。子どもの居ないときはいつもペペロンチーノ。

実は炭水化物ダイエットに挑戦中のワタクシ。
といってもそれほど厳格ではなく、出来る限りコメ、パン、うどんを摂らない。それだけ。代わりにペペロンしらたき、ペペロンもやし、だいすき〜
d0157070_2304592.jpg



朝食はバナナ、納豆、たまご、ナッツ。充分満腹。
炭水化物を抜くのに慣れると空腹感はあまり無し。チーズやナッツをかじります。ほんとはアルコール、カフェインはNGらしいけど、いいの。ゆるくて。


きっかけは先日のインフル休暇で見返した『プラダを着た悪魔』
d0157070_238414.jpg


この映画にはいつもチカラや知恵をもらいます。格言がいっぱい。メリルストリープ、神。アンハサウェイかわいい。
単なるファッショナブルなサクセスストーリーではなく、ファッション業界という生き馬の目を抜く現場でトップに立つ生き様に、仕事の意味を教わりました。
そして何より次々アンが着こなすファッションがステキ!そんなにオシャレに興味はない私ですが、ほれぼれします。

その中のセリフで「あんたは炭水化物を食べる人よ!」と、努力をしないアンを野次る同僚のセリフ。

そうか、炭水化物を抜くのか。

…と、ささいな一言で食の見直し。



チャレンジして一週間ほどですが、効果あり。というより、それまでちょっとホームベーカリーのパンを食べ過ぎて、横腹がエラいことになってたのが、無事落ち着きを取り戻しました。もっと運動したりお菓子を断てばさらに痩せるのでしょうが、間食はしっかりしてます。ただしチョコやプリン。炭水化物はNG。

興味の有る方、どうぞ!低炭水化物ダイエット



しかし子どもがいないと…
ピアノの練習ができることできること!
PC仕事がはかどること!ネットサーフがし放題!

…きちんと時間決めないとダラダラして大変。あと5分でこの記事書き上げる!



日曜に京都でDebussyとRousselの勉強会。やっぱりこの音楽…陶酔…本能的に、好き。ワタシもリハ代わりに演奏したり、他の方達の演奏聴いたり、いつもオモシロいK博士の解説。たーっぷりフランス音楽に浸って、帰ってネット調べて…至福。


子ども抜きの時間だから出会えた至福の画像たち。
解説抜きで美しい!心地よい!人間で良かった、出会えて良かった、と思える一瞬たち。
d0157070_2305724.jpg

d0157070_2305329.jpg

d0157070_230591.jpg


上から「オペラ座のペレアスとメリザンド」
「ヴォージュ広場でのMaria Pergay 展覧会」
「Afternoon Teaの春新作」
[PR]
by harusho71 | 2012-03-26 23:32 | 生活-la vie diverse | Comments(4)

春近し

風はまだまだ冷たいですが、陽光やふとした温かさは、春。
花もたくさん咲き始めました。

何より卒園式、卒業式の話題が満載。
友人や生徒の卒業も感慨深い。うちも来年は卒園。


そうだ、私も日々の生活で「卒業」目標を決めるとグレードアップできるのでは?
…そういう昨今の記録

4/22京都で演奏会。
d0157070_22465646.jpg


私が無条件で大好きなDebussyとRousselの特集!
…かなーりマニアック。
マニアックすぎて確実に一般受けしませんが、いいんです。
とにかく弾いていて陶酔の和声たち…!聴衆にも伝わります様に!




演奏会のチラシ作成を頼まれ3つ並行して製作中。
夜時間の合間を縫って…。


音楽もデザインも机上ではなく、色んな芸術に触れて、作って、体感していしか磨くことはできないとつくづく思います。

「これ!この響き!」とか「この色合い!」と言わせるなんだか印象に残る音、色、空間…作りたいなー。
[PR]
by harusho71 | 2012-03-22 23:06 | 生活-la vie diverse | Comments(2)

初めての

d0157070_041735.jpg

d0157070_04177.jpg

乳歯抜歯。
長くグラグラ続き、あと一歩…食べる時に痛いというので歯医者さんに見せたら抜いてくれました。

本人も母も小さな感動と喜び。
[PR]
by harusho71 | 2012-03-20 00:41 | こども-l'enfant | Comments(2)

某ミッションスクールの卒業礼拝へ。合唱の伴奏で参加。毎年参加しているのですが、ここで今通っている教会の牧師さんとの出会いがありました。今回も同じ牧師さんのお話でした。

その中でとっても印象に残った引用。

《6人でつながる世界》

世界の総人口70億人。
「知り合いの知り合い、その知り合い…」とつなげていくと…6人を介せば世界中の人と間接的な知り合いになれる、という理論。

これは《六次の隔たり》という理論らしい。況や同じ電車に乗り合わす人はみな「知り合いの知り合いの、知り合い…」でみなつながっている。「スモールワールド」理論。


だから「私一人が何をしても世界は変わらない」のではなく、逆。私一人が小さな志を発信することで大きく世界が変わるかもしれない!

『ブラジルでの蝶のはばたきがアメリカでトルネードを巻き起こすか?』というバタフライ効果も引用されました。これは気象学や渋滞で立証されていますが、極めて小さい誤差やゆがみが重なってゆくと、極めて広大な範囲で予測不可能な現象を生み出すという理論。

…静止した水面に小石を投げ入れると大きな波紋を生む
…一人のちょっとしたブレーキが長蛇の渋滞を生む
…微細なデータの誤差が全く違った結果を出す

…一人の、私の小さな動きが世界を大きく変える
それもあり得るよ、という卒業礼拝にふさわしいお説教でした。
[PR]
by harusho71 | 2012-03-18 17:19 | 生活-la vie diverse | Comments(0)

新しい一日

d0157070_8153033.jpg

d0157070_8153061.jpg


「赤毛のアン」の言葉。

「新しいノートって大好きよ。真っ白なページに何が書き込まれるか考えてわくわくするじゃない?」


特別なイベントじゃなくても、毎日が新しい1ページ。



写真は看病中のスケッチ。と、最近のヒット、バニラフレーバーコーヒー。カフェオレが美味しい。実はコーヒーとしてはコクが薄いのですが、甘い香りで満足。香りって大事。
[PR]
by harusho71 | 2012-03-13 08:15 | こども-l'enfant | Comments(6)

発熱中〜 その2

d0157070_132959.jpg

今年のB型の特徴は高熱だそうですが…

うへ〜、初めてみた40℃!10秒測定なので3分後には39.6℃に落ち着きましたが。でもずっと機嫌良好です、ご心配なく。二日後は7〜8℃代をうろうろ。

赤ちゃん返りして、ポツポツ独り言言ったり、今まで疎遠だったアンパンマンDVDヘビロテしたり。


看病して思いますが、世の中たくさん、難病を抱えて臥せってる方が多い中、こんな年に一度の発熱がネタになるなんて、なんて幸せ者なんだろう、と。感謝します。健康な身を活用せねば。


とことん一緒にいるのはいいんだけど、やっぱり気になるピアノや仕事…寝入ったのを見計らいピアノを弾き出すと10分で起きてくる。4月ソロの本番が…(-ロ-;)
[PR]
by harusho71 | 2012-03-11 01:03 | こども-l'enfant | Comments(4)

発熱中~インフルB型

d0157070_1161312.jpg

機嫌よく保育園から帰宅後、発熱中~。

私のレッスン中「さむい」と訴えているのを一蹴してましたが、晩御飯のカレーを食べるのが遅い!?しかも、ライス残し!?で、発覚。


で、深夜はしんどいのか夜泣きや寝言。…かわいい(_´Д`)
さわるとアチッ!39℃超え。

…しかし私もなんか胃がムカムカ…きたか?きたね…


腹くくって、仕事大調整中…(--;

明けて翌朝受診。
インフルB型でした!私は今のところ気配なし、「まだ予防は間に合います」と言われ、元気に(笑)。


…インフルとはいえ、子どものために仕事休むのはとても言い出しにくい。結局、私自身がインフル、と言い訳したり。(--;)


火曜までは強制終了。
…ふぅ。


もうすぐ年長さんですが、つくづく健康優良、熱だすこともない。久々べったり、かなぁ。

明日辺りAmazonポチったDVDとCDが届くはず…グッドタイミングです。
d0157070_15132682.jpg

[PR]
by harusho71 | 2012-03-09 01:16 | こども-l'enfant | Comments(6)

光の子

日曜礼拝。今回のお説教はまたグンと良かったー…ほんとにすごい、春名センセイ。以下はお説教の要約です。自分の記録のために…

******

聖書引用はパウロの手紙より(エフェソの信徒えの手紙)より:

 あなたがたは以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい。あらゆる善意と正義と真実は光の果実なのです。


今年の冬はとても寒くて、雪国ではダイヤモンドダストがよく見られたそうです。氷霧が太陽の光を浴びてキラキラとダイヤのように輝く現象です。

ダスト。ほこり、ごみ、ですねぇ。

…みなさん、おうちでもダイヤモンドダストは見られるのですよぉー(笑)
朝カーテンの隙間からの光に布団をめくって舞い上がったほこりがキラキラと…

ほこりだってキラキラうつくしく見えたりするんですねぇ。



先月ジルコニアという、見た目はダイヤモンドと変わらない輝きの人工石を見せていただきました。素人には一見わからないですが、お値段は格安!カンタンな判別法として、油性マジックで表面に描くとジルコニアはインクをはじくそうです。

みなさんの永遠の愛の証し、ダイヤの結婚指輪…今晩油性マジックで試す、なんてしちゃだめですよ(笑)

あ、いやいや、違った!今回の結論は違うのでした!


引用の聖書でパウロさんは、光の科学的な性質を知ってか知らずか言っています。「光がすべてを明るみに出す。すべての源である」と。


戦前の福岡。「どろがめ」と呼ばれた博打打ち、酒飲み、オンナ好きの破天荒な男がいました。どろがめ45才の折り、彼の息子の元に嫁いできたウタというクリスチャンの女性。どろがめがキリスト教を罵倒するのを聞き、凛として言い返します。「お義父さんは『ワシは男の中の男』と言いながら、評判だけで知りもしないキリストのことを論じるのか?」

売り言葉に買い言葉。どろがめは悔しいのと直情で教会に向います。そして「よっしゃ、神と対決してやる」と山中に7日間、絶食して籠ります。

…しかし神に会うことなどできない。「ほら見たことか!神なんておるか!」と山を下りようとした、その時…「私はここにいる。木に、風に、光の中に。私は全てである」という声を聞き目覚めます。

それ以来どろがめは「神様は天地宇宙の大親分。わしは、その第1の子分になる!」と敬虔で猛烈なキリスト信者となります。戦中、特効警察に非国民として半死の拷問を受けますが、揺るがない。



宇宙全てに、光の中に神がおり、人は光の子。

みなさん、ダイヤモンドでなくていいんです。光を受けてキラキラ輝けるジルコニアが素晴らしいじゃないですか?太陽でなくてもいいんです。「私なんか…」じゃなくて「こんな私でも…」なんです。


******
[PR]
by harusho71 | 2012-03-04 22:28 | 生活-la vie diverse | Comments(4)

うれしいひなまつり

d0157070_19254312.jpg

d0157070_19254396.jpg

チラシ寿司とはまぐりのお吸い物。初めてきちんとひなまつりしてみました。(即席30分ですが!!)
[PR]
by harusho71 | 2012-03-03 19:25 | こども-l'enfant | Comments(2)