<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スパワと模試

毎週、金曜夕方〜土曜朝はピアノレッスンのため親子で実家泊り。
じいじとばあばの命綱、生きる糧、ショウよ。親孝行がんばってくれぃ。


土曜午後〜日曜はOFF。

土曜午後はひさびさ『世界の大温泉 スパワールド』へ!巨大プールで1時間、巨大バーデンで1時間たっぷりカラダを温めました。


しかしスパワールドはいつ行ってもアホになれます。単純に流れるプールで流され…ギリシア風、イタリア風、和風、世界中の湯船巡りでボォーッと世界旅行気分…ふんだんな湯水、ふんだんなタオル、充実した小銭落としのワナ…アメリカンドッグ¥450って!

ここは入場時にもらうブレスレットに記載された番号を提示すれば、財布いらずで各階のレストラン、ゲーム、マッサージなどガンガン遊べて最後に清算。かなり散財するけど、旅行に行くよりは安上がり。まさにリゾート!




翌日、日曜は毎度の教会。毎週、日曜で煩悩をリセット…
今回のこども向け説教で心に残ったフレーズ。


「おにぎりの中身は見えません。でも中身が分かる人がいます…作った人です。
 人の心の中身は見えません。でも見える人がいるんです」

キリスト教ではそれは当然「神様」という答えになりますが。キリスト教でなくてもいいんです。
「あなたの心の中身が見える人がいます。作ってくれた親」
「あなたの心の中身が見える人がいます。心底思いやってくれる友達」

誰でもいいから、思いやり、思われる人がいることを知っておきたいです。




そして日曜午後は人生初の「小学受験模試」。
これはまた次の機会に…。
[PR]
by harusho71 | 2012-01-28 21:03 | 生活-la vie diverse | Comments(8)

参観日のあおさパスタ

ママ友にいただいた伊勢土産、「あおさ」。のりの香りが誘惑〜p(^^)q

パスタに入れてみました…
d0157070_19151181.jpg



しめじ+にんじん+インスタント味噌汁の元


次回はだし巻き卵と混ぜご飯にチャレンジ!

****

授業参観に行ってきました。

年中さんは「鬼の帽子づくり」
前もって作ってあった紙の三角コーンに顔、手足、髪の毛、顔などを貼付けて行きます。親はひたすら「参観」。

…なのにどんどん手伝う親、口出しする親、様々。
私にとってはそういうのを観察する日。子どもの観察ではなく「親達参観」。


そして年中さん…みんなそれぞれ先生のハナシを聞いている様でいない様で、危ういながら見本や友達の様子を見て、個性ある作品を作っていきます。

こういうよそ見、横見、指示行動は保育所でないと経験できない!「昔は小学校まで幼稚園なんかいらんかった」という世代もありますが、近所に子どもがいない、遊べる場所が少ない今、ほんとに貴重な時間です。
[PR]
by harusho71 | 2012-01-26 19:15 | 生活-la vie diverse | Comments(6)

神の欠け算(かけざん)

このところ月〜土まで仕事がみっちり、残りは家事、のルーティンで鬱々。日曜のおでかけが気晴らしです。来週は休みが多いのでゆっくりしたいな。

22日の礼拝はカナの婚礼の話。まぁまぁ有名な話です。西野カナの婚礼…ではなく(在日以外の人、わからんだろなー)、カナは地名。その婚礼でワインが足りなくなった。イエスが水をワインに変える、という福音(奇跡)を示した、というおはなし。


キリスト教の礼拝では聖書の一節を元に、人生をどう考えるか、という牧師の説教がされます。「赤毛のアン」シリーズでは礼拝が強く根付いており、礼拝のドタバタや人間模様もよく出てきたりします。牧師によって解釈は違ったり、話し振りも全く違うので、最初に触れた牧師により「礼拝っておもしろい!」か否か分かれてしまうかも。


今私達が通う天満教会の牧師は春名康範牧師。昔漫画家になりたかったそうで、マンガによるキリスト教解説本もたくさん出されています。神学ももちろん相当勉強されているようですが、一般の書籍もたくさん読んでおり、お説教はとてもためになり分かり易い。口調がバリバリ大阪弁で落語の様です。幼稚園の園長も勤められたことがあるようで、ショウも先生がだいすき。


閑話休題。
カナの婚礼を例にとり、「欠けたもの、用意のたりなかったもの、失敗に対し人間はすぐに『しまった』と悩み恨み迷う。でも欠けたところにこそ神の奇跡が宿る」と。

前回の話も同様なのですが(というより私がそう捉えているということなのですが)「どうしようもない時。障碍を得た時。欠けたモノの有る時こそがチャンス!神の愛を信じていれば怖くない!」というメッセージでした。

そういう支えがあると人生、生き易いですよね。でもなかなかその第三者のことを常時信じたり思い出したり頼ったりできないのが人間の弱さ。普通「人に頼るな!」なんて言われますが「大丈夫、信じて」という気持ちの強さも確かに存在します。



d0157070_6281170.jpg

[PR]
by harusho71 | 2012-01-25 06:28 | 生活-la vie diverse | Comments(4)

信心

今日の礼拝での説教で考えたこと。
「イエス様はいつも側におられる」という話でした。


ほとんどの大人は「どうやってもどうにもならん」「どうしたらいいんだ…」という絶望にかられたことがあると思います。そして一番どん底を見て、フッと諦めた時、開き直った時に楽になる、という経験もあるかと思われます。

その苦から楽へ転換ポイントに神の存在を感じたり、生命の幸せを感じたり…それがその人の宗派や哲学につながっていくのでしょう。


キリスト教の場合は「いつでも神は側におられる」というフレーズをよく使います。「信じる者は救われる」と。どんな罪を犯しても、自虐にかられても、神は許してくださる。

それを「あるわけない」「それがウソ臭い」と言われる方は、「神」を家族や親友、自分自身に置き換えてみてください。子どもがどんな重犯罪を犯しても愛する親。世間がどんなウワサをしようと信じてくれる親友。孤立無援でも自分の信念を貫くことで生き抜く力。それがキリスト教の場合、イエス様である、というだけのことです。


…と、理解しつつ、神の存在を常に認知していない私はキリスト教徒にはまだまだなれません。人生の目的、動機、支え、信念…それが今は常に子どもかRoussel(4月本番に向けて練習中のフランス音楽)かパリ(笑)。


冗談はさておき。イエス様でなくても、「いつも誰かが側にいてくれる」という他者への信用、「誰かに生かされている」という謙虚さ、そういう心はいつも持ちたいな、と考えた次第です。




教会のあと、フラフラ大阪周遊…ふと思いつき市立科学館へ。
ワタシのネ申(笑)、オリンポス12神ならぬ、ショウ12神。
d0157070_2363185.jpg

自分の子が1ダース!かなりシュール。


科学館はまだまだ理解はできないけど、大人400円のみで安く遊べました。


隣の国際美術館では草間彌生展…は見ずにトイレのみ借りました。
d0157070_2363129.jpg

[PR]
by harusho71 | 2012-01-15 23:06 | 生活-la vie diverse | Comments(4)

連休

日曜日。

先輩ピアニストAさん宅の新年会。
デザイン、洋服、インテリア、もちろん音楽、そして料理…全てセンスがいい!Aさん。センスがいいだけでは人に伝わりません。それなりの知識、勉強、洗練が必要。


そしてステキな食卓には仲間が必要。ショウと参加させていただけるというのはありがたいことだと感謝です。写真は牡蠣とネギのチーズグラタン。

d0157070_7115952.jpg



翌日は成人の日。大阪ではえべっさん!

ママ友と子連れ、2ペアでお参りに行ったのですが…

去年は人が多い割には活気が少ない気がして「不景気のせいかなぁ」と思っていたのですが、今年は
ものすごい殺気だった参拝者がプロレス状態でもみ合い。押し分ける、というより攻撃してくる群衆に子ども達は号泣…結局お賽銭は投げられず。

…カミサマは見てらっしゃるでしょう。何も言うまい。


吉兆は2ついただきました。今年も質素に。誠実に。力を尽くして働けます様に。
d0157070_7115918.jpg

[PR]
by harusho71 | 2012-01-10 07:11 | 生活-la vie diverse | Comments(0)

私の子ども教育の指標の一つに「マクドナルドで働ける様に!」というのがあります。

私自身一時期マクドで働いたことがありますが、すごく勉強になりました。

さすが大手。最初に企業精神を簡潔に分かり易く理解させ、業務はミニマムで、かつ確実にマニュアル化されています。しかしサービス業ですから、マニュアルでは事足りない。臨機応変さにはお客様を思いやる心が必要。何より、狭い店内で少ない人数で相当な客数をさばくのですから、チームワークが何より大事。

こういう社会参加はクラブ活動でも経験できますが、バイトではお金を稼ぐ大事さ、お金を使う大事さを学べます。社員さんを通して会社という組織も学べる。



そういうバイトをする上で小中学校で学ぶ程度の常識や知識が必要だけど、東大出てもマクドで働ける能力がない人はいると思われます。逆に小学生でも仕事をこなせる子もいると思われます。

でもマクドを利用する社会というのは確実に存在しており、世界中にあるわけであり。なので「マクドで働ける能力」というのが社会参加の指標の一つになるかな、と思っています。



そして「マクドでバイト」で一生終わるのでなく、できるだけ可能性を広げる方がより人生を彩れると思います。バイトから先の応用力をつけるためにも、子どもには基本を確実に身につけてほしい。



ちょっと固いハナシになりましたが…
今ワタシが楽しんでいる「小学校受験対策勉強」をちょっと紹介したくて、長い前置きになりました。今、ショウがやっている範囲だけですが、具体的な内容をプライベートな記録のため残してみました。
[PR]
by harusho71 | 2012-01-09 22:31 | 生活-la vie diverse | Comments(2)

d0157070_20361530.jpg


あけましておめでとうございます。

クリスマスに心洗われながらも、やはり日本では日本の神様をお迎えします。
…といっても実家で上げ膳据え膳テレビ三昧…疲れる…感謝しつつも。
とりあえず何もしない休日を楽しみます。


今年の目標と予定は…

占いに頼るわけではないのですが、2月節分で大殺界の最終年へ。あと一息落ち着いて足場固め。引き続き黙々と勉強。

ショウの受験はちょうど来年1月。引き続き家庭学習ですが公開模試を年間何回かスケジュールに組み込みます。てことは費用と仕事の調整もある程度必要になってくるかと思われます。

しかし国立小学校受験は結局、普通の経験値、常識的な価値観が一番必要とされているようです。知らない友達とのやりとりでどう人間関係を作れるか。季節や行事、常識を付け焼刃でなく理解しているか。


まずは親子で幸せな時間を有意義に過ごすこと。
そして周りの方たちと新しい発見を生み出せる人間関係を築くこと。



今年もよろしくお願いいたします!!
[PR]
by harusho71 | 2012-01-01 00:00 | 生活-la vie diverse | Comments(6)