<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

美容部・手づくりの秋

何が手づくりかと言いますと…
d0157070_15592072.jpg


ご存知でしょうか!?


手づくり化粧品、です。

写真は全ての基本、精製水、消毒用エタノール、クエン酸、グリセリン、重曹。



↓アイクリーム手づくりキット
d0157070_15592189.jpg

・蜜蝋
・ブレンドオイル(サザンカオイル、スクワラン、ビタミンA、紫紺エキスほか)
・ハロキシル:目元の消しゴム成分!


↓ホワイトニングフェイスパックキット
d0157070_15592147.jpg

・コウジ酸
・ヒアルロン酸パウダー
・ブレンドオイル(ローズ水、ベリーエキス、果実エキス、カンゾウエキス、プラセンタほか)



化粧品はあまりこだわりがなく、なんとなく高い方が効きそう、くらいで選んでいましたが、実はずっとチャレンジしたかった手づくり。

ちょっと検索したらお助けサイト、通販、いっぱいでてきます。
ほとんど全て薬局やハンズで手に入ります。特別な原料はこちらマンディムーン



そしてそれを補うかのように…母の韓国みやげ!
かたつむりパックやシンエイク→ヘビの毒成分を基に作られたリンクルケア成分配合のクリーム。う〜〜ん、効きそう〜 ( ̄▽ ̄)δ⌒☆



d0157070_15592135.jpg

[PR]
by harusho71 | 2011-10-25 15:59 | 生活-la vie diverse | Comments(6)

秋の香り

d0157070_19492039.jpg

過日、友人アロマテラピストにいただいたプリザーブフラワーとオリジナルブレンドアロマ。10月の食卓でずっと秋の香りを香り立たせてくれています。

渋みのあるスパイス系、ミントの爽やかさ、果実のフルーティーさ…ストーリーのあるブレンドがとてもウレシい。2、3日おきにオイルを垂らします。

プリザーブドフラワーをこういう使い方するのは初めてで、なかなかいい感じ。クリスマス用にも作ってもらおうかなー?


d0157070_1949205.jpg

d0157070_19492051.jpg

岩波文庫のハイジ(アルプスの山の娘)読了。そしてアニメのハイジも全巻鑑賞終了。

すごい文体だけど(昭和9年)アニメや解説本のおかげで背景やイメージがあふれました。何より、やっぱり原作自体すばらしかった。赤毛のアンと並べて人生の座右本になりました。

アルプスの四季も脳内堪能。リアル外も秋深し。
健康で自然を感じられることに感謝。
[PR]
by harusho71 | 2011-10-23 19:49 | 生活-la vie diverse | Comments(0)

どくしょの秋

時間があるようでないようで。バタバタと「忙しい=心をなくす」とつぶやいてしまいがちな毎日に癒しと喝を…ということで。


癒し→『ハイジに会いたい!』
d0157070_21415489.jpg


念願の「ハイジDVD鑑賞で子どもといっしょに喜怒哀楽」実践中。
併せてこの本…すごい情報量です!

アニメを核に、ヨハンナ・シュピリ原作を解説。スイスという国の変遷、歴史、政治、宗教、地理をやさしく教えてくれます。

ロッテンマイヤーさんは何者なのか?ゼーゼマンさんは何の商売をしているのか?時代に翻弄されたおんじの人生遍歴。ハイジの心の病気、クララの脚はなぜ治ったか?

…すべてシュピリは確かな知識に基づいて書いていること。そして日本のアニメ班が世界で愛されるまでの名作を作り得た歴史。どれもが驚きと発見です。


さらに、実際に東スイス、アルムの旅行ガイドもかなり微に入り(過ぎるほど…)、たくさんの写真とともに紹介されています。いつか必ず行きたい!!


とーっても面白く、スイスの自然とシュピリの思想に心洗われる一冊でした。
(でも、こんなに面白いのに廃盤デス…!中古で購入しました。)





次に喝、の一冊は…『テストの花道』
d0157070_21425263.jpg


元ネタはNHK教育で放映中の番組。所ジョージとジャニーズの誰か…城島?が、効率よく楽しめる勉強法を紹介します。「勉強部員」と呼ばれる中高生が、勉強するに当たっての「考え方」を考えます。

勉強する時の集中、意欲、発展…は好きだと勝手に研究できたり、アタマの良い方はスイスイ道が見えたりするのだろうけど、どうしても行き詰まってしまう時や、さらなるレベルアップを目指す時に役立つ情報が載っています。

テレビで見てていつも感心していたのですが、まとめて出版されてウレシい限り。でも「とにかくまとめただけ」感もあり。これを読むだけだとイマイチ分かりにくいかも…。構成がワタシ的には三角でした。でもアイデアはいっぱいもらえる。
[PR]
by harusho71 | 2011-10-17 22:19 | 生活-la vie diverse | Comments(2)

おんがくの秋 2

■10/10大阪ゲヴァントハウス合唱団、定演。

ひさびさのいずみホール。
ご近所であり長年触れ合ってきた、でも質と格調高いホール。

イベントの多い日々を縫って、ひととき座って聴く演奏会…落ち着く…



■10/15京都フランス歌曲協会 レクチャーコンサート

ひさびさの本番。
というのに午前はパート出勤。先日台風の影響で休んだ振り替え。入念に乗り換えチェックとマインドコントロール、精神統一…バタバタとリハーサルに駆け込み、集中。

なんとか自己満足の演奏ができ、とりあえず一息。

出番が終わったらすぐに抜け出し、帰途。…京都のステキな夜を楽しみたかったー!!


■10/16「うたって たべて はっぴょうかい」
大人の生徒さん有志の企画、主催で、生徒さん宅でランチを食べながらの発表会。3人の生徒さんは皆、仕事しながらコツコツ練習して披露演奏に至りました。

友人同士とはいえやはり人前で弾く、という機会を踏み、良いステップアップになりました。

3人いたこどもたちも「マルモリダンス」を披露。生徒さんのダンナさんも飛び入り弾き語り参加。こういう集まりがもてるご縁、環境、健康に感謝。




あちこちお誘いの多い秋。とりあえず疲れた…ルーティンの仏語勉強やソロの練習はすっかりほったらかし。軌道戻します。
[PR]
by harusho71 | 2011-10-16 22:49 | 生活-la vie diverse | Comments(0)

おんがくの秋

時々伴奏したり、チラシデザインしたり。大阪ゲヴァントハウス合唱団定期演奏会。
d0157070_172595.png



これは伴奏として出演。今日プレリハーサルでしたが、みんな上手い、絶対!フランス音楽のespritを理解して演奏できる演奏家は少ないのです。
d0157070_0492724.jpg




チラシ作成。メンツとプログラムと、会場も魅力。一期一会の演奏会になるでしょう。
d0157070_18513.png

[PR]
by harusho71 | 2011-10-10 00:54 | 音楽-la musique | Comments(4)

茶道楽

d0157070_19462046.jpg


昔はコーヒーばかりでしたが、今は色んな気分を味わいたくて紅茶、緑茶もまんべんなくたしなんでおります。たまたま全て在庫が切れてきたので、物色。

それほどこだわりはないのですが、スーパーのはできれば避けたい。
コーヒーと紅茶は輸入食品店で。緑茶は百貨店で。


大丸心斎橋の食品フロア。隅っこにぽつんと「つぼ市」さん。にぎわうフロアをよそ目に人の入りにくいデッドゾーンで客を待ち構える店員。一瞬ひるみましたがすかさず試飲を差し出され…


かなり濃い美しいお茶の色に思わず手に取ってしまいました。
そしてお茶ソムリエ?的な一生懸命お茶を語る店員さんに一通り講釈を伺います。

ソムリエさん「お茶は高いのを知ると戻れませんよ」と不敵な笑み。むむ…そんなに余裕もないのでとりあえずこの時期お勧めという『熟成蔵』なる煎茶を購入。つぼ市って名前はよく聞くしマークもよく見るけど、堺のお茶やさんだったんだぁ。


動画の『利休の詩』は玉露なみのお値段。料理家、岸朝子さんに太鼓判をいただいたり皇室献上したりされているそうです。



そして、お茶、というと必ず脳内にはBGMの様に漱石センセイの『草枕』の一節が感覚的に香ります。


老人は首肯(うなずき)ながら、朱泥の急須から、緑を含む琥珀色の玉液を、二三滴ずつ、茶碗の底へしたたらす。清い香りがかすかに鼻を襲う気分がした。 (…略)



茶碗を下へ置かないで、そのまま口へつけた。濃く甘く、湯加減に出た、重い露を、舌の先へ一しずくずつ落して味って見るのは閑人適意(かんじんてきい)の韻事(いんじ)である。普通の人は茶を飲むものと心得ているが、あれは間違だ。舌頭(ぜっとう)へぽたりと載せて、清いものが四方へ散れば咽喉へ下るべき液はほとんどない。ただ馥郁(ふくいく)たる匂が食道から胃のなかへ沁み渡るのみである。歯を用いるは卑しい。水はあまりに軽い。玉露に至っては濃(こまや)かなる事、淡水の境を脱して、顎を疲らすほどの硬さを知らず。結構な飲料である。眠られぬと訴うるものあらば、眠らぬも、茶を用いよと勧めたい。



あ、emikoちゃん、全文はこちらに(笑)
青空文庫『草枕』
[PR]
by harusho71 | 2011-10-08 19:46 | 生活-la vie diverse | Comments(4)

発熱休日

覚悟を決めて欠勤の連絡…いつも嫌なものです。「パートだから…」と許してもらえちゃうのがイヤかな。なんだかダイエット中にスイーツの誘惑に負けた感じです。

ともあれ。休んでしまいましたが、ずーっと本人は全くむずかることなく、元気。
d0157070_19244520.jpg

体力あるんでしょうね。

テレビとともにダンシング。
d0157070_19244586.jpg

d0157070_19244578.jpg


ハイジのDVDを借りて鑑賞。…ほんとにこれは名作ですね!シンプルなデッサンなのに魅力たっぷり、忘れられない風景、セリフ。

話は変わりますが、デーテ。
d0157070_19592016.jpg

そう、ハイジをアルムのおんじのところへ連れて行ったり、クララの屋敷へ拉致したり、かなり身勝手な叔母さん…。小さい頃は「なんてヒドい人!」と思っていましたが、今見ると全然違う!

ハイジの両親は1才の時に事故で亡くなります。亡き母親の妹に当たるデーテは自分の母親の介護をしながら22才の時にハイジを押し付けられたのです(もちろん愛情もあって引き受けたのでしょうが)。でもその後の行動から分かるとおり、デーテは行動力と上昇志向の強い女性。22才で育児のことなど知らないのに4年間、誰にも頼れず、思う様に働けず。勤務中はハイジはシッターのおばあさんに預けていたのですが、そのシッター代ももちろんデーテの給料から払っていたのでしょう。

そんな彼女に、大都会でいい仕事の話が舞い込んできた。このままハイジを連れて片田舎で終わりたくない、そう思ってしまっても無理はないでしょう。しかも直系の祖父がいるのに!
ハイジはすでにたくましく賢く育っていたので、どんな環境でも大丈夫、とデーテは決意しおんじの家へ預けに行ったのでした。

…そういう背景が数行のセリフできちんと分かる様な台本だったのです。知らなかった…。


それからハイジのアルムでの幸せな生活はよく覚えている方は多いと思いますが、そこから無理矢理そこから引きはがすようなデーテの再来。

これもやはり多くの視聴者の怒りを買う行動ですが、デーテなりにずっとハイジのことが気になって罪悪感もあったのでしょう。ハイジのように賢い子をヤギと百姓の中においておくより、大都会の然るべき屋敷で勉強できるという機会にねじ込んだ(クララの家では同じ年頃の女の子を求めていたのに5才のハイジを送り込む訳ですから)のは、彼女の愛情だったんですねぇ。


1〜4才児を育てながら働く難しさは私はよぉ〜く知ってます!今回デーテを心底応援してしまいました。彼女の行動で結局みんな(ハイジ、おんじ、ペーター、クララ)幸せになったしね!


ハイジも目端が利いて、真っすぐで、いい子。理想です。


さて、今(20時)チビは布団に潜り込み、寝ています。寝付くと熱があがります。でも日中はほんとに元気なので、明日は必ず園に送り込みます…デーテを見習って!

病院の診断では…やはりこの10/1前後の急激な気温変化による体調の崩れであろう、と。ウィルス感染的ではなさそうです。みなさまもご自愛ください!

d0157070_19244591.jpg

[PR]
by harusho71 | 2011-10-03 19:24 | こども-l'enfant | Comments(2)

発熱中

発熱から回復、運動会に無事参加…しかしその夜からまた発熱中です。

土曜夜から日曜日中ずっと、38〜39℃でホッカイロみたいに「熱っ」。しかしテレビみて笑ったり、オモチャで遊んだり。確かに日頃のパワフルさはありませんが、機嫌は良好。食欲が無いのは非常に気になります!カノジョの場合!アイスクリームを食べたがらないなんて〜〜★ありえません。それでもりんごやおにぎりはちゃんと食べます。

冷えピタは全く効果が感じられないし、はがれるしベトつくし〜〜もうイラン!保冷剤を私のハンカチやストッキングに入れて、腋下、首回りに添付。それも面白いくらいすぐに保冷剤→保温材みたいにホカホカ(笑)。でも元気。

それでもあまり高熱続くとしんどいだろうし、何より月曜はワタシの仕事が…解熱剤(アセトアミノフェン)投与!

…あまり効かないようです。調べたら、アセトアミノフェンて安全であまり効かないそうですね。


もうこれは仕事休む決心するしかありません。月初で忙しいのに〜〜★★★
この「休むと決心してから電話をするまで」の時間が非常に罪悪感でイヤな気分。「なんとか持ち直すのでは?」「これくらいで休むの?」と葛藤中。


そして恐いのが…ワタシも感染してたらやだなぁ〜〜〜!
[PR]
by harusho71 | 2011-10-03 07:48 | こども-l'enfant | Comments(4)

秋の一日

10月1日。暑い日射しと湿気の残る9月から…いきなり、秋!
肌寒い朝、高い空、秋の雲。

この良き日に運動会。長期予報と前日の雨をなんとか切り抜け、涼しい一日。特上の運動会日和!

しかし実は昨夜、チビは発熱…38℃は確実に記録、使い捨てカイロの様にほっかほかでだらりとしたカラダで眠っておりました。が、いつも通り?長引くことなく翌日は上機嫌。かけっこは2位!…3人中の。

d0157070_1944254.jpg


我が子の活き活きと運動会行事にいそしむ姿を堪能しました。
何より…何度かレポートしてますが、我が保育園の素晴らしさ。全クラス無理なくおゆうぎ、かけっこ、お楽しみ競走を盛り込み、当日手伝い以外は父母の負担ゼロ。
すぐ近所の市営グラウンドを借りての開催。きちんと全て用意され、園児たちに途中の給水タイムも速やかに。感心至極です。ご興味有る方は↓入場行進の様子です。年長、年中、年少が2周回ったあと、2才、1才、0才が泣きわめきながら行列しております。
http://youtu.be/cwGHs022kLg


また拙宅からの夕景。うろこ雲や刷毛でサッと描かれたような雲がうつくしい一日でした。
d0157070_1944273.jpg

[PR]
by harusho71 | 2011-10-01 19:44 | 生活-la vie diverse | Comments(5)