「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「困ってるひと」読了

yoriさん、レンタルありがとうございます!

静かな話題の難病女子による「エンタメ闘病記」。

25才のサラサちゃん。福島の山奥でうーパーロハスな幼少時を過ごし、賢い優等生、名門上智大フランス語学科に入学、そこで運命の「ビルマ難民を救う!」天命を受け、現地へ何度も飛ぶ。大学院で研究しながらいざ現地へ留学、という矢先…原因不明の難病発症。


この難病とその検査、化学療法…
高額医療費、闘病入院での精神の抑うつ…

全てが凄まじい、としかいいようのない状況なのに、それを軽妙に、ユーモアたっぷりに描写する彼女は相当に知的でアクティブ。元々情熱にかられてビルマ難民救済に立ち上がろうとした人ですし。
本文では笑いがたくさん…でも状況はほんとに切なく、痛く、読みながら何度も電車内で涙ぐみました。
「もし自分が、家族が、友人が万人に一人の難病に冒されたら?事故にあったら?」
それはうっすら危惧してはいますが、ここまで現実をつきつけられて、ショックでもあります。


運命、事故、医療制度、薬品、鬱…あらゆる困難の果てに彼女は自分自身を立たせて、現在東京某所で「絶賛生存中」。難病と闘う姿は驚嘆ですが、この「自立」は健常人でも大きな人生の課題。



d0157070_20393457.jpg


元々こちらでの連載だったようです。
「大野更紗 困ってるひと:ポプラビーチ」

現在もググると彼女はどんどん社会へ提言を重ねているようです。
ほんとにすばらしい。「忙しい」「疲れた」なんて言えません。
[PR]
by harusho71 | 2011-08-26 21:28 | 生活-la vie diverse | Comments(2)

4才の夏

d0157070_1410757.jpg

d0157070_1410748.jpg

d0157070_1410718.jpg

とうとう!カリアゲちゃん!


洗濯物もキレイにたためます。成長を喜ぶというより、ただ単純に…助かる!ウレシい!


しかしどこで教わったのか?
自分なりの方法でたたんで整理してくれます。
[PR]
by harusho71 | 2011-08-23 14:10 | こども-l'enfant | Comments(6)

命懸けで

映画『それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星』を観に行きました。

アンパンマンの映画は毎回発見と感動があります。それは子どもに伝えたい、大人は忘れてしまいがちな大切なこと。


今回は挿入歌に目から鱗が落ちました。

ジャムおじさんとバタコさんのデュエット『生きてるパンをつくろう』。♪パンをつくろう〜、と始まる歌を初めてフルバージョンで聴きました。その中で…

♪命懸けでつくろう いのちのパンを

…という歌詞にハッとしました。ジャムおじさんがなぜみんなに愛されるか、なぜ命を生み出せるのか、なぜなんでも作れちゃうのか(今回は宇宙船も作りました)。命懸けだからなんだ、と改めて。
単に優しさや思いやりだけではパン工場は務められない。プロは命懸けじゃなくっちゃ。


アンパンマンもいつも命懸け。顔を提供したり、凹んだらパワーダウン、再生可能なシチュエーションは大人はバカにしがちですが、それが命懸けであることを子どもは真剣に理解しています。
…反省し、子どもの目に学びたいです。



ちなみに今まで何作かしか観てませんが、私が一番感動して泣いたのは『それいけ!アンパンマン 命の星のドーリィ』。
[PR]
by harusho71 | 2011-08-17 08:06 | こども-l'enfant | Comments(2)

幸せな食卓

引き続き…子どもの居ぬ間の薬味たっぷりメニュー。


d0157070_9401045.jpg


昨夜仕込んだ冷製トマトスープ。本当のレシピはトマト内部の種やジュレは取り除き、ミキサー後に裏ごしだけど、ジュレに栄養がある、と聞いたことがあるし、裏ごしした部分の栄養も逃したくない!

生ニンニクが一片入っているのがなんとなくプロの味。きちんとレシピ通り作ればおもてなしの一品になりそう。


d0157070_9401035.jpg


納豆オクラ紫蘇和え。なんでもないのに美味しい。

***

昨夜の『世界ふしぎ発見!』はノルマンディー特集。印象派画家が愛した独特の柔らかい光と、海。牧草の恵みによるカマンベールチーズ、シードル…。

今朝の『遠くへ行きたい』は秋田にかほ市。
鳥海山の山林は滾々と冷たい湧き水が湧き出ていて、渓流と緑が美しい。


どちらも自然の恵みを受けて生活している住民の方々がなんとも幸せそう。
そしてどちらでも民宿が紹介されていて、絶対行きたい!
[PR]
by harusho71 | 2011-08-14 09:40 | 生活-la vie diverse | Comments(0)

恵み

お盆です!3連休です。

子どもは実家。いつも週末は実家で仕事に同伴。実家だと甘やかし放題なので、いくら連休であろうと1泊で強制帰宅。でも両親ともあまり口に出さないけどやっぱり孫が帰るのは寂しい…「お盆くらい…」とチラとつぶやくので、今年は丸投げで私のみ帰宅。でも本当は不安…


いくら子どもと割り引いても、ショウはやっぱり太り過ぎなのにお菓子が溢れ、無闇な間食タイムの実家。洋服は身丈だと110でいいはずなのにウェストは入らない。モノによったら130。精神的にこれから気にすることを言い合う年齢でもある。ダイエットとまでは思いませんが、将来的な肥満因子、子どもの成人病発症…うまくコントロールはしてやりたい。

遺伝子的な病気で太っているなら「気にするな!」と治療に励むけど、単なる怠惰や甘えで太るのは私的には絶対NG。両親世代はよく「それくらいいずれ消化する」「子どもはぽちゃぽちゃがいい」と言いますが…肥満体型だった私自身、とても嫌だった!「無責任な甘やかしは止めて」と言いたいけど言い切れず。ジレンマです。


あと震災なども心配です。
震災だけでなく、事故、犯罪に巻き込まれた時、もう大分弱った両親が子どもを守りきれるのか(もちろん両親の身も心配ですが)?だから子どもはまだできる限り、私が側にいて守るべきなのですが
…そういう不安をお盆は忘れるとしましょうか。




というワケで久々の独り暮らし!


今年の夏はいただきものがいっぱい!
先日の亀岡の畑からいただいた茄子、獅子唐、紫蘇の葉、オクラ…自家農園を持つ知人からいただいたキュウリ、トマト、まくわうり…別の知人からも月桂樹の葉を。


夏野菜はアクが強く、子どもが苦手なものが多いのでここぞとばかり食べまくります!

いつもは20分でサッと作ってしまう夕食も、今夜はじっくり時間と手間をかけて。


d0157070_19582572.jpg


トマトは一晩寝かせて、明日朝、冷製スープに。
d0157070_19582597.jpg



これもいただいた手作り山椒!
d0157070_19582577.jpg


夏野菜のマリネ。茄子、オクラ、ミニトマト、獅子唐、胡瓜、紫蘇、にんにく…子どもは絶対無理ですねー。バルサミコとワインビネガーで。
d0157070_19582553.jpg



なすの素揚げをパテ風に。バゲットに塗ったらよさげ…
d0157070_1958255.jpg




スープとパテは明日ね。今晩はマリネとまくわうりと城崎で買った黒豆茶。
d0157070_19582519.jpg


まくわうりって?↓こんなのです。まさに、瓜!
d0157070_19582539.jpg

[PR]
by harusho71 | 2011-08-13 19:58 | 生活-la vie diverse | Comments(6)