<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ようつべ

便利な時代…youtubeに感謝感謝、無かったらヤバいっす。

練習すべき曲はすぐyoutubeチェック。対訳はGoogle、楽譜はコピー。
気になる音源はAmazonでポチッとな。

昔はCDもコピー機も、録音機も無かったんだよなぁ…。

****
音楽の至宝。
こんなのに触れられるのって幸せ…

■シューマン Wehmut 憂愁


 幾たびとぼくは歌う
 楽しんでいるかのように
 でもそれは密かな涙を染み込ませ
 ぼくの心を自由にする

 ナイチンゲールは歌う
 外で春の空気が吹くと。
 憧れの歌を歌う
 囚われの籠の中から。

 全ての心がそれに耳を傾け
 全ての人々が喜ぶ。
 でも誰も感じない。
 歌に隠された深い苦悩を。 


■ヴェルディ 椿姫 ヴィオレッタのアリア『estrano』
 

高級娼婦ヴィオレッタ。夜毎の饗宴と恋愛の日々だったヴィオレッタ。アルフレードに本気の愛を告白され、プロの夜の女もグダグダに…

■続き ヴィオレッタのアリア『sempre libera』
「どうかしてる!空しい夢想よ。楽しむのよ!死ぬまで快楽の花から花へ飛び回るの」
時折挟まれるアルフレードの呼びかけの余韻がなんとも切ない。




そういったプライベートな感動の先に、音楽には人を動かすチカラがあります。

これも人間の力。感動の余韻の傍ら、戦争がなぜ起こるのだろう?とちらりと思います。

[PR]
by harusho71 | 2010-10-30 22:30 | 音楽-la musique

演奏会シーズン

10〜12月は演奏会シーズン。
練習も充分できないのでできるだけ引き受けないようにはしていますが、よほどご縁のある方々の伴奏で他に代わりが無い場合はありがたくやらせていただきます。

聴きに行きたいコンサートになかなか行けないのも悩める日々。
あと4、5年の辛抱…

****
演奏会のご紹介です。
末永く活動している団体ばかりですのでまたご縁があればお見知りおきを♪


■11月7日(日)スコラカントールム大阪 第7回演奏会 
@箕面市立メイプルホール小ホール:入場無料

お世話になってる大阪ゲヴァントハウス合唱団の団員さんはほぼみなさんアマチュア、平均年齢50才?合唱歴2、30年の強者ばかり。
その団員がソリストとしての研鑽を積むために、レッスン会を重ね、その発表会。

このメンバー達の音楽への情熱はいつも学ばされます。
アマチュアの愛好家精神を忘れたくないな、と思います。

しかし、アマチュア。
前日に楽譜を送ってきたり、当日曲の差し替えや移調を言ってきたり…
最初はかなり(怒)、(泣)が続きましたが、今は大分鍛えられました。



■11月14日(日)ラ ミュズィク マルシェせんり2010
@千里ライフサイエンスビル ロビーコンサート:入場無料

前述大阪ゲヴァントハウス合唱団が先日定期演奏会を終えたのですが、その時スカウトされてロビーコンサート出演。
なかなか根付かないパブリックの演奏活動。豊中市が後援だそうです。どんなもんか楽しみです。


■12月4日(土) 京都フランス歌曲協会『ワルツの響宴』
@京都市文化博物館 別館ホール

学生時代からお世話になっている、私の癒しの勉強協会。
博覧強記の企画委員による企画がいつも興味深いです。
今回はお気軽、ド派手なワルツ特集。


□12月9日(木)河野まり子 チェンバロリサイタル

これは大好きな私の恩師のコンサート。
とても美しい…というより茶目っ気たっぷりで、センスがあり、百戦錬磨の先生の久々のソロリサイタル。といってもアンサンブルも出演だそうで、エンタ精神溢れるプログラム。
行きたいなぁ…でしょ、magototakuさん、takakoさん!
[PR]
by harusho71 | 2010-10-30 21:26 | 音楽-la musique

フラッシュバック

youtubeサーフィン…思い立って検索。岡村ちゃん。


これを聴いていた高校生時代。
そんなに楽しくない、ピアノ漬けの毎日でした。
驚くのはこれらの曲の細部、一音、リフレクション、パーカッション…全ての音を覚えていること。

しかし岡村ちゃん。
天才と思います。

このちょっと前がBARBEEBOYS。中学生時代は一世風靡セピアとレベッカ。
狭く、深く聴いていました。

秋の夜長、youtubeで昭和ロック、patipatiサーフィン…

あかん、また寝坊してしまう。寝ます。
[PR]
by harusho71 | 2010-10-27 21:45 | 音楽-la musique