「ほっ」と。キャンペーン

日曜日

日曜礼拝の前。モーニング!
清潔なこだわりのパン屋さんにて。
d0157070_520556.jpg


ドレッシングや食材にちょっとしたスパイスの風味…

『Arome d'or』黄金の香り、という店名にふさわしい、香り、明るさ、味、空気を味わえるお気に入りのモーニングです。量がたーっぷりなのでブランチに最適。


****


お説教は「渇きが渇きを癒す」
誰もいない真昼の井戸端。
イエスがみんなの嫌われ者、サマリアの女に水を求めるお話。

イエスにとって水を得るのはたやすいけれど、女に「水を飲ませてほしい」と頼む。
それは実は心が渇ききって悲しい女に、水=神のめぐみを与えるため。
井戸の水は枯れることがあるが、神の与える潤いは枯れることがない。

渇きを知る人が、他人の渇きを癒すことができる。
神の賜物をしっていれば、心は潤い続ける。
イエスはそれをただ与えるのでなく、同じ目線になり、悲しみを共有されている。


****

久々に独りカフェ時間をたっぷり(子どもは実家)、4時間ランボーと格闘。
d0157070_5205590.jpg


言葉だけで人々の脳内に鮮烈な感触、色彩、香りを残す詩人の仕事って…スゴい。
[PR]
Commented by emikotrio at 2012-06-27 04:10 x
すごい優雅なじかん。命が喜ぶじかんだね〜。ランボー氏読んだ事ないの。日本語で読んでるの?
夏に会った時には、宗教のお話もしたいです。聞きたい事いっぱいあるよ。
Commented by harusho71 at 2012-06-27 06:06
日本語は小林秀雄と写真の宇佐美斉、それを仏文と照らし合わせて解釈してます。宇佐美さんのが口語で、時代背景や解説も載っておりわかりやすい。
このモーニングはほんと、至福…ウチではまねできない空間です。あー!フランス語の聖書欲しいかも!高いのかなぁ?もし手軽そうなのあったら…よろしく(笑)なんて。荷物多いでしょうしお気遣いなくね!あ、でも塩は毎年待ってます(爆)
Commented by emikotrio at 2012-06-28 04:28
harusho71さん
お塩了解です!聖書は高価なものではないと思うのだけど、買いにいく時間が問題です。(笑)ただでさえ、詰め詰めなのに、今日ナオが水疱瘡に!幼稚園行かないのは予定外でしたぁ〜。ダンにも聞いてみるね。聖書は新約かな?
Commented by harusho71 at 2012-06-28 05:32
emikotrioさん
ありがとう!実は8月にフランスから帰国の友人がいるので、楽譜やあれやこれや注文を頼んでます。子ども2人連れでの荷物、想像を絶します…(笑)お気遣い無く!ごめんね、気遣わせて!
by harusho71 | 2012-06-26 05:20 | 生活-la vie diverse | Comments(4)